フラット35金利が決まる基準とは?

フラット35の金利は返済期間や融資率によって変わります。
金利は毎月第1営業日の正午頃に発表されます。
現在(2015年3月)の金利は以下の利率になっています。
フラット35のサイトによりますと返済期間が20年以下の場合、融資率が9割以下の金利の範囲は1.
200%〜1.
820%、9割超では1.
330%〜2.
050%です。
返済期間が21年以上35年以下の場合、融資率9割以下での金利の範囲は1.
470%〜2.
090%、9割超では1.
600%〜2.
220%となっています。
又、返済期間が36年以上50年以下の「フラット50」では、融資率9割以下で2.
080%〜2.
380%で最も多い貸出金利は2.
330%、9割超では2.
210%〜2.
960%で最も多い貸し出し金利は2.
460%となっています。
フラット35は中古住宅購入にも使える?借入基準!【マンションは?】