フラット35のデメリットとは?

全期間固定金利のフラット35。
返済が完了するまで金利が変わらないという安心感もあり人気の住宅ローンではありますが、しっかり比較検討するためにはメリットだけではなくデメリットもきちんと知っておかなくてはなりませんね。
フラット35のデメリットとしては、一般的に団信加入は自己負担する必要がある、ということがひとつ挙げられるでしょう。
団信は借入金額が多いほど、また借入期間が長いほどたくさんかかってくるものなので、自己負担となると結構大きな額になっているのが実感できてしまうっていうのがありますよね。
またフラット35は借りる人に対して雇用形態などの条件が緩めである一方で住宅に対して技術基準を設けているので、それを満たしていないと利用できないという厳しい一面もあります。