住宅ローン減税を受けられる基準は?

住宅ローン減税とは、住宅を購入した際に申請すると受けられる税金軽減措置です。
ですが、それを受けるには、いくつか基準を満たしていないと受けられません。
例えば、居住区間の床面積が50m2以上であることや、借入金の償還期間が10年以上ある事などです。
詳しい基準は、国土交通省のHPなどに記載されています。
この基準に満たない場合は、残念ながら「住宅ローン」と言う事自体が認められない場合が多い様です。
住宅ローン減税制度を受ける事が出来ると、毎月のお給料から引かれる所得税と住民税が10年間安くなります。
金額は人それぞれによってちがってきますので、一概には申し上げられませんが、少しでも安くなるのは誰にとっても嬉しい事だと言えますよね。