光回線の料金の内訳はどのようになっている?

インターネットに接続するためのは、光回線を使用してインターネットへ接続してもらいます。
そこには、ネット回線を提供する回線業者(キャリア)と、回線をインターネットに接続するために必要な「IPアドレス」(個々のパソコンを特定するための住所のような数列)を割り当ててインターネットへ接続してくれる接続業者(プロバイダ)の二つの業者のサービスを受けなければなりません。
サービスを受けるためのは、回線業者には回線使用料金、接続業者にはプロバイダ料金を払う必要があります。
インターネットが導入され始めた当時は、それぞれ別々に契約して料金を支払っていましたが、個人契約の場合は殆どの場合がキャリアとプロバイダの2ヵ所の契約になるので、最近ではセット販売されるプランが増えてきました。
光回線比較安いのは?【一番安いおすすめプロバイダ2017】