プロバイダの料金が今より安くなると言われて変えましたが後悔しています

プロバイダの料金がお手ごろ価格になるといわれて、今のプロバイダに換えたのですが、失敗でした。
確かに、価格はかなり金銭的負担が減りました。
でも、頻繁にネット接続の不具合が起こったり、回線速度が低下してしまったりで、前のプロバイダの方が断然ストレスが溜まりませんでした。
安易にプロバイダを変更するんじゃなかったと、悔いています。
ワイモバイルは毎月の維持費がどんなに少なくても3000円程度かかりますが、複数の機器を使用している場合には、500円のディスカウントという特典があります。
そして、契約事務手数料や解約金がタダだったりと、二台目からの契約がお得になります。
なので、この先は、auやdocomo、softbankのキャリアに代わり、広まっていくと思われます。
ずいぶんと長いことインターネットを使っていることになります。
光回線の契約なども使う会社を変えて何社かを渡り歩いてきました。
これまでの間に光回線を利用してきて通信速度を遅く感じたことは一度もありませんでした。
動画の視聴も快適で、他の回線に戻ることは出来ないと感じております。
我が家は、くしくもwimaxのエリア外です。
wimaxは外出先でも使うことが可能だし、動画を試写するのにも余裕で満足できる速度なので、なるべくならばお願いしたいのです。
他へ移り住む予定はないため、一日も早く、エリアが広がってくれることをぜひお願いします。
とてもリーズナブルなお値段でスマートフォンが前の年くらいから流行になっていますが、大手3社以外の通信ブランドでワイモバイルという選択肢があります。
お手頃価格な様ですが、どこまでエリアがあるのか、不自由なく使えるかといった不安要素があり、契約時にはあまり考慮していなかったという印象です。
どこの回線にしようか困った時には、おすすめがのっているサイトを参考にすると良いのではないでしょうか。
光回線を扱っている会社をたくさん比較してくれているので、そのうちから自分の生活にあうものを精選すれば良いでしょう。
お得なキャンペーンのおしらせも見つけることができるでしょう。
wimaxの契約は、クーリングオフの対象ではないのです。
というわけで、よくよく考えた上で申し込みをするようにしてください。
契約したとたんすぐに解約をすると、解除料や違約金などと名のついた費用を請求されます。
例えて言えば、携帯電話と同じようなシステムと思っていいのです。
プロバイダの速さに関してですが、大部分の人はインターネットを使っての閲覧、データダウンロードするなどで主に使用していると思いますので、下り速度の方が重要ではないかと思います。
インターネットのホームページ閲覧くらいであれば、そこまでスピードが速くなくても不自由なく使えます。

プロバイダー契約おすすめはどこ?【損をしない為の選び方って?】