教育ローンなど使用目的が決められていないローンは?

タイドローンの反対の意味をもっていることからインパクト・ローンは「アンタイドローン」などと呼ばれる事もあるようです。
インパクト・ローンはもともとはプロジェクトローンに対するローンとして考えられていました。
国の開発計画(プロジェクト)に伴うインパクトとして需要が増えるため、その追加需要をまかなうために外国からローンをうけたことがインパクト・ローンの始まりだったようです。
インパクト・ローンは使用目的が特に決められているわけではなく自由度が高いため、外貨による貸付ではとても人気があるローンとしても知られています。
インパクト・ローンの自由度の高さは使用目的だけではありません。
インパクト・ローンは貸付通貨も自由に選ぶことができるため、貸付国が発行している通貨で貸し付けるわけではありません。